人間の生活に必要な加工原材料

人間の生活には、加工原材料が必要とされております。

加工原材料は、農産物、水産物、鉱物を原材料として、製造や加工、精錬されたもののことをさします。
代表的な商品先物には、金やプラチナをはじめとする貴金属があります。また、原油やガソリンをはじめとするエネルギー、大豆やトウモロコシ、コメなどの農産物があります。
これらが、先物商品取引所において、上場がなされております。商品先物取引では、人間の生活に関係のある大切な銘柄の売買を行っている取引です。

日本にも、商品取引所が2ヶ所あります。
「東京商品取引所」と「大阪堂島商品取引所」があります。これらは、アジアを代表するとても大きな商品取引所となっております。

商品先物取引は、許可が必要になってきます。商品先物取引法に基いて、農林水産大臣や経済産業大臣の許可が必要になります。
それぞれの商品取引所で取引が行われている銘柄について、説明していきます。

東京商品取引所で取引が行われている銘柄について、詳しく説明していきます。
標準とミニサイズの金、標準とミニサイズの銀と白金、パララジウム、ゴム、ガソリン、灯油、原油、原油、中京ガソリン、中京灯油がこれにあたります。
また、一般大豆やトウモロコシ、粗糖、小豆も取引が行われております。

大阪堂島商品取引所にて取引が行われている銘柄について、詳しく説明していきます。
冷凍えび、コーン75指数、小豆、トウモロコシ、米国産大豆、粗糖、コメ(東京・大阪)があります。

これらが、2つの商品取引所における、上場商品となっております。

商品先物取引を行うには、口座開設が必要になってきます。